blogmura

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

blog ranking


photo clips

        2020.03.19         2020.01.03         2019.09.04         2019.07.14         2019.03.23         2018.07.16 180428PhotoClips2.JPG         2018.04.28 180217hotoClips.JPG         2018.02.17         2017.12.30 170708PhotoClips (2).JPG         2017.07.08         2017.04.22 160902.JPG         2016.09.02 20160717.JPG         2016.07.16 160423PhotoClips1.JPG         2016.04.23         2015.12.30 150426PhotoClips(2).jpg         2015.04.26 20150101_0049 - コピー.JPG         2015.01.01 140518PhotoClips.jpg         2014.05.18 140427PhotoClips.jpg         2014.04.27         2014.01.01 131230PhotoClips.JPG         2013.12.30         2013.10.13 130811PhotoClips (2).JPG         2013.08.11 121007PhotoClips2.JPG         2012.10.07 120415PhotoClips.JPG         2012.04.15 120108PhotoClips (2).JPG         2012.01.08 111223PhotoClips3.JPG         2011.12.23 110901photoClips.JPG         2011.09.01 110702hotoClips.JPG         2011.07.02 100918hotoClips.JPG         2010.09.18 100214PhotoClips.jpg         2010.02.14         2010.01.02 090919PhotoClips.jpg         2009.09.19 090411PhotoClips.jpg         2009.04.11 090204PhotoClips.JPG         2009.02.04 081116PhotoClips.JPG         2008.11.16 081026PhotoClips.jpg         2008.10.26 081005PhotoClips.jpg         2008.10.05

ガナパンの基底細胞腫4

0

    JUGEMテーマ:シェルティ

    JUGEMテーマ:わんこ

     

    曇りの今日くもり

    ガナパンはアジリティのトレーニングに原っぱへ

    シッディはリハビリにプールに出かけました。

     

    そこへ大きな桃が

    どんぶらこっこ

    どんぶらこっこ・・・うそです。

     

    さて、ブログおさぼりマネが去年の記事をアップしております(苦笑)

     

    9月10日に手術を受けたガナパンシェルティ2

     

    9月11日の夕方、マネが留守にしている間に、

    サイズの合わないエリカラから大きなお口を出して

    創部(左足)の包帯を食べてしまったようです_| ̄|○ぐすん

     

    9月12日には病院預りで催吐処置をしたものの包帯は吐かなかった・・・

     

    一回り大きなエリカラを貸していただいて

    内服薬(鎮痛剤、胃薬)が追加処方となり

     

    とりあえず、お家で様子みることになりました。

     

    幸い元気で変わったところはなし

    食欲はある

    吐かない

    立派なうんPをお出しになる

     

    もしかして、包帯食べていなかったんじゃない?

    ・・・と思いはじめた2日後(手術後4日)の早朝

     

    コロッとした物体を吐きだしました。

     

    ・・・というか、廊下にありました。

    薄い粘膜にとツルっと包まれて、生まれたての子犬のようぼーし〜ん

    でも、間違いなく包帯あは

     

    こんな大きなもの、腸には下がっていかない・・・ね。

    それにしても、強運なガナパン。

    開腹手術にならなくって良かったよほっ

     

     

    その後、お腹の傷は湿潤療法の絆創膏(市販)を貼って問題なし。

    獣医師もこれで良いとのこと。

     

    本犬シェルティ2は、お腹に創があることに気づいていない気がする。

     

    抜糸は予定通り9月20日(だったと思う)に行いました。

    とってもきれいについていました。

     

     

    問題は肢の創もやもや

    腹部と一緒に抜糸しましたが、つきが良くない。

     

    そもそも、1針はずれてるし・・・

    1針緩んでたし・・・

     

    離解気味だったので、強めに絆創膏を巻いていたせいか

    かぶれも強くって・・・

     

    軟膏が処方になりました。

    ・ゲンタシン(抗生剤)

    ・ソルコセリル(組織修復促進剤)

     

     

    再受診は、5日後の9月25日。

    それにしても、エリカラで過ごす毎日がとても大変でした。

     

    留守番犬のガナパン

    昼間、大きなエリカラでをつけて

    バンバン、いろいろなところにぶつかっているのかと思うと可哀そうで涙

     

    再受診前夜のガナパさんハート

    軟膏処置が終わってまったり中ちゅんプッ

     

    そのうち、熟睡ZZZ

     

    お顔をのぞいてみると・・・

     

    翌25日受診。

    肢の創もきれいになって一安心ほっ

    ソルコセリル、効いたなぁ。

     

     

    肢の病理細胞の結果を20日にいただきまして

    診断名が確定しました。

     

    「基底細胞腫(毛芽腫)」

     

    所見の概要に「悪性所見はありません」と言及されていました。

    良かったほっ

     

     

    8月31日から1ヶ月間のバタバタは一段落です。

    結果が良かったので、まったく文句はありません・・・

     

    とはいえ、シッディがとある腫瘍で受診を現在進行中。

    いろいろと学んで、ふりかえれば・・・ああだこうだと反省するマネです。

     

    (おしまい)

     

     


    | 1/4PAGES | >>